「思っていることをこんなにずけずけ言えたら、さぞ気持ちいい」松坂慶子を感嘆させた毒親


「思っていることをこんなにずけずけ言えたら、さぞ気持ちいい」松坂慶子を感嘆させた毒親
…アガサ・クリスティー原作、三谷幸喜脚本「死との約束」 ドラマや映画でも多彩に活躍する狂言師・野村萬斎。だが“ポアロ”役はさすがに手ごわいらしい。
(出典:読売新聞オンライン)


アガサ・クリスティーの名作を三谷幸喜脚本、萬斎主演で描くシリーズの第3弾「死との約束」が3月6日、フジテレビ系で放送される。舞台は昭和30年の熊野古道。エルキュール・ポアロならぬ名探偵・勝呂武尊(すぐろたける)が富豪の妻殺しの謎に挑む。ミステリーの女王の手なる緻密(ちみつ)な推理が、横溝正史作品にも通じる怪しげな雰囲気の中で披露される意欲作だ。萬斎は「トリックが前作と違っていて、ある意味、ご覧の皆さんが裏切られる展開」と自信をのぞかせているのだが……。




水坂晶
@80PVqMFLTXLCGoV

「思っていることをこんなにずけずけ言えたら、さぞ気持ちいい」松坂慶子を感嘆させた毒親(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース#野村萬斎前作の「黒井戸*」は良かった。 https://t.co/cvdRV2AxlO

2021-02-28 15:55:14

(出典 @80PVqMFLTXLCGoV)

髙丸雅隆@死との約束3.6CX
@maru200365

「思っていることをこんなにずけずけ言えたら、さぞ気持ちいい」松坂慶子を感嘆させた毒親 : エンタメ・文化 : ニュース : 読売新聞オンライン #死との約束 https://t.co/AYaYh9UhTm

2021-02-28 12:13:54

(出典 @maru200365)