漫画


『笹錦さんと30歳の悩める仲間たち』


永田正実 (カテゴリ 日本漫画家)
スイッチバック(2008年、『デラックスマーガレット』、読切作品) 愛情いっぽん!!(2009年、『デラックスマーガレット』、読切作品) ぽたぽたおちる(『Cocohana』2019年6月号) 部屋ペンキ日曜日(『Cocohana』2019年11月号) 笹錦さんと30歳の悩める仲間たち
3キロバイト (362 語) - 2020年2月29日 (土) 01:53



(出典 www.cmoa.jp)


表紙を見て頂ければわかると思いますが
あるあるの話です。
共感しかないです。

【『笹錦さんと30歳の悩める仲間たち』】の続きを読む


『江の島ワイキキ食堂』


神奈川県 藤沢市 江の島、辺津宮近くにある食堂ワイキキ食堂」。そこに暮らす喋る猫、オードリーと腕のいい料理人片瀬頼、二人の周りに巻き起こる少し不思議な物語。 1話完結作品であるため、1話限りの登場人物が多い。ここでは、何度か作品に登場した、主要人物について解説する。 オードリー ワイキキ食堂
17キロバイト (2,879 語) - 2020年5月29日 (金) 22:00



(出典 askul.c.yimg.jp)


ねこパンチの中でも大好きな話
猫のオードリーの長い話
昔の思い出は、ちょっと切なかった

【『江の島ワイキキ食堂』】の続きを読む


『猫絵十兵衛 ~御伽草紙~』


猫絵十兵衛 御伽草紙』(ねこえじゅうべえ おとぎそうし)は、永尾まるによる日本の漫画。少年画報社の『ねこぱんち』2007年4月号から連載中。「御伽草子」ではなく「御伽草紙」が正しいタイトルである。 時代設定は江戸時代。大勢のが居着いている「丁長屋」に住む猫絵師の十兵衛と、十兵衛の描いた猫絵
17キロバイト (3,259 語) - 2020年4月20日 (月) 02:10



(出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


時々、読んだだけだけなので
ハッキリと覚えてないけど
粋な猫さんがカッコよくて
見つけたときは必ず読んでいた。
電子漫画で読めるかな?

【『猫絵十兵衛 ~御伽草紙~』】の続きを読む


『進撃の巨人』10巻前後で脱落しがち?



アメトーーク!見ました。
皆さん熱かったですね。
私はアニメで少し見ただけなので、
10巻はよく分からないけど、
そこが分かれ目なんだね

【『進撃の巨人』10巻前後で脱落しがち?】の続きを読む


『魔女の下僕と魔王のツノ』絵がカワイイ


魔女の下僕と魔王のツノ』(まじょげぼくまおうのツノ)は、もちによる日本漫画作品。スクウェア・エニックス『月刊少年ガンガン』にて、2014年5月号から連載中。 薬草魔女のベティの下僕であるアルセニオは、師である大魔女ビビアン難病治療ベティを笑顔にするためにアルセニオが単身で魔王
18キロバイト (2,883 語) - 2020年6月11日 (木) 15:00



(出典 www.suruga-ya.jp)


テンポが良くて面白い
コメディータッチなのがいいね
もう一つの「教国のレクエルド」とは全く違う。
「教国のレクエルド」はシリアスなお話
あれはあれでいい

【『魔女の下僕と魔王のツノ』絵がカワイイ】の続きを読む

このページのトップヘ