タレント


爆笑問題・田中裕二、病気療養から舞台復帰で漫才披露 キレキレのツッコミ健在で16分ノンストップ


爆笑問題・田中裕二、病気療養から舞台復帰で漫才披露 キレキレのツッコミ健在で16分ノンストップ
 お笑いコンビの爆笑問題が27日、東京・銀座の時事通信ホールで行われたお笑いライブ『タイタンライブ』に出演。前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗…
(出典:オリコン)


 お笑いコンビの爆笑問題が27日、東京・銀座の時事通信ホールで行われたお笑いライブ『タイタンライブ』に出演。前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞と診断され、先月20日から、およそ1ヶ月療養していた田中裕二(56)が舞台復帰を果たし、相方の太田光(55)とともに、生漫才を行った。漫才の冒頭では、客席から「おかえりー!」と復活を喜ぶ声が飛んだ。

【爆笑問題・田中裕二、病気療養から舞台復帰で漫才披露 キレキレのツッコミ健在で16分ノンストップ】の続きを読む


プリンセス天功、魔法を使ったクッキングが視聴者の度肝を抜かす イリュージョンでクロワッサンとELTいっくんを錬成してしまう』


プリンセス天功、魔法を使ったクッキングが視聴者の度肝を抜かす イリュージョンでクロワッサンとELTいっくんを錬成してしまう
 バラエティー番組「家事ヤロウ!!!」(テレビ朝日系)の2月24日放送回に、イリュージョニストのプリンセス天功さんが出演。魔法を駆使した、料理の域を…
(出典:ねとらぼ)


同番組のコーナー「家事力未知数芸能人」に、音楽ユニット「Every Little Thing」の伊藤一朗さん(いっくん)、お笑い芸人のこがけんさんに続いて登場した天功さん。友人のパトリック・ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン5代目当主)からもらった、思い出のクロワッサンの味を作ると説明しました。

【プリンセス天功、魔法を使ったクッキングが視聴者の度肝を抜かす イリュージョンでクロワッサンとELTいっくんを錬成してしまう』】の続きを読む


いうまい子「アイドルだった私が遺伝子の研究者になるなんて」


いとうまい子「アイドルだった私が遺伝子の研究者になるなんて」
…芸歴37年、女優・タレント活動を続けながら、大学院へ通う学生生活を送っている、いとうまい子さん。45歳で大学進学を決意した経緯と、現在の日々について…
(出典:婦人公論.jp)


芸能生活25周年を迎えたころ、社会に対して何か恩返しがしたいと思うようになりました。18歳でデビューして以来、この世界で仕事を続けることができたのも、長年、私を支えてきてくれたスタッフや仕事関係者、ファンのおかげ。周囲の方々に、何らかの形でお返しをしたかったのです。

でも、高校を卒業してすぐに芸能界に入った私は、恩返しの術を何も持っていなかった。そこで、まずは大学に入ってさまざまな知識を身につけ、自分にできることは何かを考えてみたいなと思って。

【いうまい子「アイドルだった私が遺伝子の研究者になるなんて」】の続きを読む


aiko、年齢を重ねても“変わらない”理由「22年目にして、さらに前向きに」


aiko、年齢を重ねても“変わらない”理由「22年目にして、さらに前向きに」
…デビューから22年が経ったaikoは、変わることのない瑞々しさを保ったまま音楽活動を続けている。約2年9カ月ぶりのアルバム『どうしたって伝えられない…
(出典:QJWeb クイック・ジャパン ウェブ)


デビューから22年が経ったaikoは、変わることのない瑞々しさを保ったまま音楽活動を続けている。約2年9カ月ぶりのアルバム『どうしたって伝えられないから』においても、音楽に対する真摯な姿勢は一切ブレることなく、新たなニュアンスを織り交ぜながら最新の物語たちを繊細に紡ぎ上げてくれている。

【aiko、年齢を重ねても“変わらない”理由「22年目にして、さらに前向きに」】の続きを読む


宮迫博之が「やめて」異例訴えのワケ 今田、ほんこん入り乱れ〝場外戦〟の結末


宮迫博之が「やめて」異例訴えのワケ 今田、ほんこん入り乱れ〝場外戦〟の結末
…「雨上がり決死隊」宮迫博之(50)の〝紳助動画〟が思わぬ方向に飛び火してしまった。  宮迫は23日、自身のユーチューブチャンネルで「報道を受けて皆様…
(出典:東スポWeb)


宮迫は23日、自身のユーチューブチャンネルで「報道を受けて皆様にお伝えしたいことがあります」と題した動画を投稿。かしこまった様子で「『関西の番組でこんなことを言われた』っていうのがニュースになってしまいまして」と語り始め「それは誤解なんです。番組でしゃべられた方とはLINEでやりとりをして、誤解は解けて何もなくなりました」と説明した。

【宮迫博之が「やめて」異例訴えのワケ 今田、ほんこん入り乱れ〝場外戦〟の結末】の続きを読む

このページのトップヘ