ドラマ


「思っていることをこんなにずけずけ言えたら、さぞ気持ちいい」松坂慶子を感嘆させた毒親


「思っていることをこんなにずけずけ言えたら、さぞ気持ちいい」松坂慶子を感嘆させた毒親
…アガサ・クリスティー原作、三谷幸喜脚本「死との約束」 ドラマや映画でも多彩に活躍する狂言師・野村萬斎。だが“ポアロ”役はさすがに手ごわいらしい。
(出典:読売新聞オンライン)


アガサ・クリスティーの名作を三谷幸喜脚本、萬斎主演で描くシリーズの第3弾「死との約束」が3月6日、フジテレビ系で放送される。舞台は昭和30年の熊野古道。エルキュール・ポアロならぬ名探偵・勝呂武尊(すぐろたける)が富豪の妻殺しの謎に挑む。ミステリーの女王の手なる緻密(ちみつ)な推理が、横溝正史作品にも通じる怪しげな雰囲気の中で披露される意欲作だ。萬斎は「トリックが前作と違っていて、ある意味、ご覧の皆さんが裏切られる展開」と自信をのぞかせているのだが……。

【「思っていることをこんなにずけずけ言えたら、さぞ気持ちいい」松坂慶子を感嘆させた毒親】の続きを読む


遠藤憲一、バカリズム脚本作品でOL役「本当に女性の役だった」 個性強めのビジュアル解禁


遠藤憲一、バカリズム脚本作品でOL役「本当に女性の役だった」 個性強めのビジュアル解禁
 女優の永野芽郁が主演を務める映画『地獄の花園』(5月公開)に、川栄李奈、大島美幸、松尾諭、丸山智己、勝村政信、遠藤憲一、小池栄子が出演することが2…
(出典:オリコン)


女優の永野芽郁が主演を務める映画『地獄の花園』(5月公開)に、川栄李奈、大島美幸、松尾諭、丸山智己、勝村政信、遠藤憲一、小池栄子が出演することが28日、発表された。男性キャストの松尾、丸山、勝村、遠藤も本作では女性となり、ヤンキーOLを熱演。さらに、迫力ある個性強めのビジュアル姿も解禁になった。

【遠藤憲一、バカリズム脚本作品でOL役「本当に女性の役だった」 個性強めのビジュアル解禁】の続きを読む


『俺の家の話』“さくら”戸田恵梨香の「抱いて」にネット興奮「ヤベェ」「惚れてまう」


『俺の家の話』“さくら”戸田恵梨香の「抱いて」にネット興奮「ヤベェ」「惚れてまう」
 TOKIOの長瀬智也が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛けるドラマ『俺の家の話』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話が26日に放送され、さくら(戸…
(出典:クランクイン!)


 TOKIOの長瀬智也が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛けるドラマ『俺の家の話』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話が26日に放送され、さくら(戸田恵梨香)が寿一(長瀬智也)に抱っこをおねだりするシーンに、ネット上には「ヤベェ…かわいすぎる…」「破壊力ハンパねぇ!」といった反響が巻き起こった。

【『俺の家の話』“さくら”戸田恵梨香の「抱いて」にネット興奮「ヤベェ」「惚れてまう」】の続きを読む


『天国と地獄 ~サイコな2人~』高橋一生の妹がどうにも怪しいと思う3つの理由


『天国と地獄 ~サイコな2人~』高橋一生の妹がどうにも怪しいと思う3つの理由
…(?)日高陽斗、この2人の魂が入れ替わってしまうサスペンスミステリー『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系)が好調を維持している。  第1話視聴率が16…
(出典:SmartFLASH)


 第6話までを観る限り、日高陽斗は殺人鬼ではない可能性が濃厚。日高陽斗自身が殺人を犯した明確な描写がなく、さらに彼以外に真犯人、黒幕と思しき人物の存在がぼんやりと浮き上がってきている。

 妹・日高優菜が真犯人や黒幕だと断定するわけではないが、今後、ストーリーに大きく絡んでくるのではと思わせる “怪しさ” が満載なのだ。そこで筆者が考える日高の妹が怪しいと思う3つのポイントを述べさせていただく。

【『天国と地獄 ~サイコな2人~』高橋一生の妹がどうにも怪しいと思う3つの理由】の続きを読む


東海テレビの描く骨太人間ドラマ『その女、ジルバ』ヒットの背景


東海テレビの描く骨太人間ドラマ『その女、ジルバ』ヒットの背景
 池脇千鶴主演の東海テレビ制作ドラマ『その女、ジルバ』(毎週土曜23時40分~フジテレビ系)が「登場人物みんなが愛おしくなるドラマ」と、視聴者からの…
(出典:オリコン)


池脇千鶴主演の東海テレビ制作ドラマ『その女、ジルバ』(毎週土曜23時40分~フジテレビ系)が「登場人物みんなが愛おしくなるドラマ」と、視聴者からの熱い支持を集めている。人生負け組の“シジュー(40歳)”娘と平均年齢70歳の高齢ホステスバーの熟女たちの織り成す、じんわりと心に沁みる温かな物語は、異色のキャスティングも含めて、今の時代のヒットの条件を満たすものとは言い難い。このヒューマンドラマがなぜ、今クール話題のドラマの1つに急浮上したのか。

【東海テレビの描く骨太人間ドラマ『その女、ジルバ』ヒットの背景】の続きを読む

このページのトップヘ