ドラマ


『天国と地獄』最重要人物の存在が明らかに キーワード“クウシュウゴウ”を考察


『天国と地獄』最重要人物の存在が明らかに キーワード“クウシュウゴウ”を考察
…「東朔也って、誰……?」  すべての視聴者と主人公・望月彩子(綾瀬はるか)の心境がリンクした日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)。第6…
(出典:リアルサウンド)


すべての視聴者と主人公・望月彩子(綾瀬はるか)の心境がリンクした日曜劇場『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)。第6話にして、最重要人物と思われる「東朔也」という名前が飛び出す。それは、日高陽斗(高橋一生)が奄美大島で名乗っていたとされる名前で、“朔”とは新月を表す文字だ。これまでは「日高(太陽)と望月(満月)」の入れ替わりを中心にをストーリーが展開されてきたが、ここにきて「陽斗(太陽)と朔也(新月)」の入れ替わりが物語のキーを担っている線が浮上してきた。

【『天国と地獄』最重要人物の存在が明らかに キーワード“クウシュウゴウ”を考察】の続きを読む


『知ってるワイフ』「だから謝っただろ」「女神様の召使い」 元春のパワーワードに「さすがモンスター製造機」の声


『知ってるワイフ』「だから謝っただろ」「女神様の召使い」 元春のパワーワードに「さすがモンスター製造機」の声
 俳優の大倉忠義が主演を務め、女優の広瀬アリスが共演するドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第7話が18日に放送。大倉演じる元…
(出典:クランクイン!)



(出典 www.crank-in.net)


俳優の大倉忠義が主演を務め、女優の広瀬アリスが共演するドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第7話が18日に放送。大倉演じる元春と瀧本美織演じる沙也佳の口論に「どっちもどっちだ」という声が上がりながらも、“モンスター製造機”と名高い元春からまたも「女神様の召使い」などの“パワーワード”が飛び出し、話題を集めている。

【『知ってるワイフ』「だから謝っただろ」「女神様の召使い」 元春のパワーワードに「さすがモンスター製造機」の声】の続きを読む


「監察医 朝顔」“平”時任三郎の病名が判明 「決して他人事とは思えなかった」


「監察医 朝顔」“平”時任三郎の病名が判明 「決して他人事とは思えなかった」
 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第14話が、15日に放送された。  平(時任三郎)は、朝顔(上野)と電話…
(出典:エンタメOVO)


今回は、事件は扱わず、万木家の物語をじっくりと見せ、「孤独編」と題した第2章を締めくくった。

 平が自宅に戻り、再び朝顔らと共に生活することになると、SNS上には、「あの家に4人がそろっただけで泣けた」「一緒に暮らせるようになって良かった」「この家族をみんなで見守ろうと思うぐらい素晴らしい家族」といった投稿が寄せられた。

【「監察医 朝顔」“平”時任三郎の病名が判明 「決して他人事とは思えなかった」】の続きを読む


「天国と地獄」綾瀬はるかのドルガバコーデにネットもため息…コートは48万円超?


「天国と地獄」綾瀬はるかのドルガバコーデにネットもため息…コートは48万円超?
 14日にTBS系で放送された日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人」で、中身が日高(高橋一生)と入れ替わった彩子(綾瀬はるか)が、高級ブランドのドルチ…
(出典:デイリースポーツ)


14日にTBS系で放送された日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人」で、中身が日高(高橋一生)と入れ替わった彩子(綾瀬はるか)が、高級ブランドのドルチェ&ガッバーナの黒いレースのコートをまとって裏カジノ現場に行くシーンがあったが、この綾瀬の美しさにネットもため息がもれた。

【「天国と地獄」綾瀬はるかのドルガバコーデにネットもため息…コートは48万円超?】の続きを読む


『知ってるワイフ』“澪”広瀬アリスの“口パク”なんて言ってた? 気になる視聴者が続出


『知ってるワイフ』“澪”広瀬アリスの“口パク”なんて言ってた? 気になる視聴者が続出
…せられたほか、澪の“口パク”でのつぶやきに「なんて言ってた?」と気になる視聴者が続出。数々の予想が立てられている。  元春は、自分の選択と愚かさを反省…
(出典:クランクイン!)


俳優の大倉忠義が主演を務め、女優の広瀬アリスと共演するドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第6話が11日に放送。大倉演じる元春と広瀬演じる澪のすれ違いに「切なくて泣いた」などの声が寄せられたほか、澪の“口パク”でのつぶやきに「なんて言ってた?」と気になる視聴者が続出。数々の予想が立てられている。

【『知ってるワイフ』“澪”広瀬アリスの“口パク”なんて言ってた? 気になる視聴者が続出】の続きを読む

このページのトップヘ